任意整理後の携帯電話契約について

MENU

任意整理後の携帯電話・スマホ契約について

債務整理をする際には重要なこととして、今後の携帯電話がどうなるのか気になるところでもあります。生活には欠かせないとして一人で2台、3台所持している人も珍しくはありません。プライベートと仕事用に分けている人もいますが、任意整理後に携帯電話契約が継続できるものなのか?また新たに新規契約することができるのか関心を高めておきたいところでもあります。ここではそんな疑問にお答えしていますので、これからの参考としてご覧くださいね!

 

任意整理後でも携帯を使い続けることは可能!

 

任意整理のメリットの一つとして債権者を選択することができることがあげられます。そのため契約している携帯電話会社は債務整理の対象から外すことで、今まで通りに使い続けることができます。しかしそれは通話料金など延滞することなくきちんと支払いができることが条件としています。

 

弁護士や司法書士に相談することで、携帯は生活の一部でもありますのでそのように助言してくれるところが多いのではないでしょうか。負担の少ない携帯料金、機種代の支払いならたいていの方は任意整理をしても支払うことができるとしています。反対にそれすら支払いができないようであれば任意整理の手続き自体難しく、別の方法を検討する必要があるようです。

 

新規契約はできる?

 

新たに携帯の新規契約をする場合、任意整理後であってもできるのか気になる方もいることでしょう。信用情報機関に事故として記載されてしまいますが、携帯会社がそれを確認することはありませんので問題はないようです。

 

任意整理後に分割での機種変更はできる?

 

通信会社との契約には問題はありませんが、機種変更をする場合にはたいていは分割でローンの支払いとなります。そのためCICなどの個人信用情報を確認することが考えられますので、分割購入することは難しくなります。しかし一括での支払いなら購入することができますので、どうしても機種変更をしなければならない場合にはそれだけのお金が必要となります。

 

自己破産や個人再生でも携帯は使える?

 

債権者の平等の原則がありますので、通話料金の滞納や機種の残債がある場合には借金とみなされ債務整理の対象となります。滞納がなく残債もない場合には使い続けることができますが、そうでなければ強制的に解約となりますが携帯電話が没収されることはありません。