離婚後の借金ってどっちが負担するの?

MENU

離婚後の借金ってどっちが負担・返済するの?

昨今では離婚する夫婦は後を絶たず、様々な理由として若い年代から熟年層まで夫婦破綻としています。そこでお互いの合意で別れるのなら良いのですが、借金を抱えている家庭においては問題が生じることもあるようです。そのため離婚後に借金を背負ってしまう方も少なくないようです。

 

そこで離婚後の借金は妻、夫のどちらが負担するべき?気になる人も多いのではないでしょうか。ここではその債務理由によっては、債務者本人または夫婦で返済をするケースを検証しまとめてみましたのでご覧ください。どうしても離婚を避けることができないという方で、借金問題を抱えている家庭では必見となります。

 

多額な借金発覚!夫婦で返済?

 

夫または妻の借金が原因として離婚するケースは珍しくはないようです。そして別れるときには財産分与として、収入が少ない主婦や専業主婦としても半分を受け取る権利があります。現金や貯金、不動産、年金、有価証券などは、離婚後の生活を支える重要なものとなります。しかし反対に負の財産も分け合うこととなりますが、場合によっては分け合う必要はなく債務者本人だけが返済義務とすることもあります。

 

そこで夫婦で返済をする必要とする場合とは、結婚していた期間に夫婦のいずれかが作った借金で、共有財産として2人で弁済する必要がありそれは日常家事債務とします。

 

財産分与に含まれる日常家事債務とは?

 

マイホーム購入のための住宅ローン、車のカーローン、生活費、夫婦の娯楽、子どもの教育費や学費、家具・家電などその他があげられます。一方のどちらかが勝手に借金をしたものであっても、夫婦が生活を営む上で必要になった債務を日常家事債務と言い夫婦の財産分与に含まれます。

 

ギャンブル、游興費などの借金はどうなる?

 

夫婦であっても個人責任の原則が定められおり、夫、妻の一方が借金を背負った場合でも日常家事債務以外の場合は代理弁済の必要がないとしています。そのためパチンコ、パチスロ、競輪、競馬などのギャンブルで繰り返しの借金などは債務者本人の責任として、一方の支払い義務が生じることはありません。またホスト通いやキャバクラ、ブランド購入などにおいても本人のみの借金返済とします。

 

弁護士に相談!

 

円満に離婚をするには、専門家に依頼するべきでもあります。特に夫婦で借金問題を抱えている場合には、法律の専門家の意見は大切で納得できる回答が期待できるとしています。夫婦での話合いでお互いの関係が更に悪化させないためにもまずは、相談してみましょう。