住宅ローンが払えない人は任意売却を知るべき!

MENU

住宅ローンが支払えない人は任意売却を知るべき!

借金をしている人のなかには返済が困難としている方もいるのではないでしょうか。その場合には借金問題の解決として、法的手段としている債務整理をすることが考えられます。しかし自宅を持っている方で特に住宅ローンの支払いができない場合には任意売却も視野に入れるべきとしています。

 

任意売却とは債権者と話し合いとして、不動産会社などの業者を通じて自宅を売却することでその売却代金を借金の返済に充てることができます。自宅を売却したいから!住み替えのためとした理由では手続きすることはできず、何度か支払いの滞納としたことが条件としています。

 

ここでは任意売却をする際の注意点やおすすめする理由などまとめてみましたので、今後の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

競売になる前に任意売却をする!

 

住宅ローンが払えなくなってしまった場合にそのままにしておくと、ローン契約した際の保証会社が銀行へ残債を一括で代弁返済してくれます。それにより債権者は銀行から保証会社へと移行し、債権の回収のために抵当権を実行し競売にかけられ強制的に売却されてしまいます。

 

競売は通常の相場よりもかなり安い値となりますので、住宅ローンの残債が残り引き続き返済しなければなりません。そこで競売となる前に任意売却をすることをおすすめします。競売よりも高い値で売れることが一般的としていますので、その分今後の残債が減ることが予想され借金を減らすことができます。

 

任意売却のメリット

 

  • 市場価格に近い価格で売却することができるため残債務を圧縮することができる
  •  

  • 近所の人にローン滞納での売却と知られることがない
  •  

  • 話合いにより今後の残債務の返済方法を検討することができる
  •  

  • 仲介手数料や引っ越し費用などは売却代金から優先的に支払いとなる

 

弁護士、司法書士?それとも任意売却専門業者?

 

借金問題としていますので弁護士または司法書士に相談しておきたいところでもありますが、任意売却の場合には専門の業者に依頼することでスムーズに手続きをすることができ完了することが期待できるようです。特に経験実績が豊富にあるところでは、迅速な対応で債務者の代理人として債権者、抵当権者との交渉をしてくれます。

 

任意売却の同意を得ることができない場合には競売となってしまいますので、実績のある業者に任せることで同意を得ることができるポイントとしています。そして2ヵ月~6ヵ月で全てが完了となりますが、それまでのサポート、アドバイスも心強い存在でもあります。

 

任意売却するとブラックになる?

 

住宅ローン滞納3ヶ月以上なると、信用情報機関のブラックリストに載る可能性があるとしています。しかし任意整理や個人再生、自己破産のように官報に記載されることもなくブラックリストとしての記載期間もそれ程長くはないようです。