結婚前に借金を整理したい!

MENU

結婚前に借金を整理したい!後でバレるとまずい?

20代、30代で借金を抱える人もおり丁度、結婚適齢期としている年代では結婚への影響が気になる方もいるのではないでしょうか。そこで結婚前に借金を整理したいという悩みを持たれている方も多いようです。様々な理由によりお金の借入れをしている方では、きちんと返済することができれば良いのですがそうもいかないという人もいるようです。

 

結婚前に債務整理するメリット・デメリット

 

  1. メリット
  2.  

    結婚してから借金の存在がバレルと夫婦間の信用問題に関わることもあります。誰でも一つや二つは隠しごとがあることは当然としていますが、それが借金となると金額や理由にもよりますが、最悪、離婚へ発展することも考えられます。事前に打ち明けていればお互いに協力して返済することも可能としていますが、バレテしまうことで信用することができなくなり家庭の破綻の危機とすることもあるようです。

     

    そのため結婚前に債務整理をして借金をキレイにしてから結婚に至ることが良い場合もあります。しかし長い付き合いとして気心が知れている間柄なら、正直に借金の話をするのも良いかもしれません。ケースバイケースとしていますが、いづれも結婚前に借金を整理しておくことはベストとしています。

     

    任意整理なら3年を目安に完済することも可能としていますので、その間は自分磨きをすることもでき婚活をして理想の相手を探すこともできるのではないでしょうか。

     

  3. デメリット
  4.  

    債務整理をすることで信用情報機関に事故として記載されてしまいますので、お金の借入れをすることが削除されるまでできなくなります。そこで結婚して車の購入やマイホーム購入を検討した場合、ローンが組めないことがネックとします。

     

    結婚前に相手側に債務整理をしたことを告げていれば良いのですが、内緒にしている場合では特に旦那さんの場合では名義は当然夫となりますので、審査が通らない場合には不信がられることが予想されます。そして最終的には借金をしていたことがバレテしまうことも考えられます。しかし現在では負債は0円としていますので、そこまで問題にすることはありませんがローンがしばらくの間組めなくなることがデメリットとしています。

 

探偵、興信所で結婚前調査が気になる!

 

昨今では結婚相談所やお見合いパーティーなどの婚活によりスピード結婚も珍しくはないようです。ですので知り合って3ヵ月や半年でゴールに至るケースもあります。そこで相手側の素行調査として、親や家族、または本人が依頼することもあります。その際には現在の借金の有無や過去においての債務整理なども調べる場合もあり、相手に知られ破綻となることも考えられます。

 

しかし借金を承知で結婚するカップルもいますので、落胆することはないようです。そのため事前に話をしておくことで更に信頼関係を深めることもできるとしています。