債務整理費用の種類を解説!

MENU

債務整理費用・料金の種類を解説!

借金返済が困難としていますので、債務整理にかかる費用が気になるという方もいるのではないでしょうか。手元にお金がないからと諦めていた方も少なくないようです。しかし弁護士、司法書士に依頼した場合では依頼者の立場を理解し、分割払いの対応をしているところが多々ありますので安心しても良いようです。

 

そこでここでは気になる債務整理の種類を解説しながら、任意整理、個人再生、自己破産の費用相場においてもまとめてみましたので、今後の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理によって費用は異なる?

 

借金問題を解決するには法的手段によって再建を図ることができます。そこで債務整理費用の種類として裁判所への申し立て手数料や予納金などその他方法によっては費用がかかる場合もあります。弁護士や司法書士に依頼することで裁判所にかかる実費は費用に含まれているところが一般的としています。

 

そしていきなり手続きをするのではなくまずは、専門家へ相談から始めることとなります。事務所によっては何度でも無料相談としているところや初回に限り無料としているところもあります。しかし、30分で5,000円~の相談料がかかるところもあり、債務整理の方法によっては費用の種類があり、支払う金額はまちまちとなり私有財産や負債状況によっても変わってきます。

 

  1. 任意整理の費用
  2.  

    裁判所を通すことはありませんので公的機関への手続き費用はかかりません。そこで弁護士、司法書士に依頼した場合にかかるお金は着手金、基本報酬、減額報酬がかかり、債権者数によって金額が増えていきます。そこで事務所によっては着手金、減額報酬0円として基本報酬のみとしてその分上乗せしている場合もあります。

     

    ですので平均的には1件の場合には着手金と基本報酬を合わせると3~4万程が一般的として、その他減額報酬10%~が発生するとしています。しかし比較的費用が安い司法書士事務所では、格安としており2万円~としているところも存在しています。また商工ローン、ヤミ金融、不動産担保ローンや裁判を起こされている場合等は別途費用がかかることもあります。

     

  3. 個人再生の費用
  4.  

    裁判所への申立て手続き、予納金、予納郵便代など合わせた約3万ほどかかります。また再生委員報酬が別途必要となり弁護士代理人の場合には約15万、本人申立ての場合には約25万が別途必要となります。司法書士に依頼した場合には代理人として申立てを行うことができませんので25万円かかることになります。

     

    個人再生は債務整理のなかでも手続きが複雑で手間がかかるとして費用が一番かかる方法としています。そこで専門家に依頼することで総額、個人再生費用は40万~60万かかるとしています。そして住宅ローンの特例ありの場合では着手金は5~10万前後高くなります。

     

  5. 自己破産の費用
  6.  

    裁判所にかかる費用として収入印紙代、予納郵便代、予納金がかかります。予納金は同時廃止(1万~3万)、小額管財事件(最低20万)、管財事件(最低50万)によって金額がかなりかわります。その他弁護士や司法書士に依頼した場合の報酬金が発生します。事務所によっては差がでますが自己破産費用の平均は30万~50万としています。

     

    安いところでは20万程でできるところもあります。個人の場合では9割が同時廃止としており本人が手続きすれば5万程度で自己破産することが可能としていますが、手続きや書類作成など手間や時間もかかりますので早くに借金問題を解決したいならやはり専門家に任せることが妥当でもあるようです。